大規模地震と建築基準法の変遷
地震年表
建築基準の変遷 各項目に関する規定 判定
基礎
壁の量
筋交い
壁の配置バランス
接合部
 
1923年 関東大震災
 
 
 
1948年 福井地震(M7.5)

 
   
S25 1950
 
 
 
 
 
 
 
 
 
S35 1960
 
 
 
 
 
1964年 新潟地震(M7.5)
1965年 十勝沖地震(M7.5)
 
 
     
S45 1970
 
 
 
 
 
 
 
 
1978年 宮城県沖地震(M7.4)
     
S55 1980
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
H2 1990
 
 
 
 
 
 
1995年 阪神・淡路大震災(M7.2)
 
 
         
H12 2000
 
 
 
 
2000年 鳥取西部地震(M7.3)
2001年 芸予地震(M6.7)
2003年 三陸南地震(M7.0)
(宮城県北部地震)
2004年 新潟県中越地震(M7.5)
※数字は床面積1u当たりに求められる必要壁量(単位:cm)